マンションを売却して「住み替え」をしました

住み替えは段取りをしっかり決めておくことが大事

住み替えのためマンション売却が重要な要素だった買取保証によってマンションを業者に売却住み替えは段取りをしっかり決めておくことが大事

物件によっては、再開発の計画がわかって値段が高くなったものもあるので、地域の情報には耳を傾けておいたほうがいいような気がします。
高額な取引ですから、できるだけ譲歩取得が必要ですが「住み替え」については引っ越しの時期を特定することになりますから不利な条件になるのはしかたありません。
どうすれば、希望価格に近い価格にできるかはできるだけ情報を多く知っておけばよかったとも感じています。
住み替えは、一定の時期が経つと必ずテーブルには上がってくることになります。

私は、まず希望物件を決めておいたので段取り通り運びました。
売れてから購入しようと考えても必ずしもうまくいかず、賃貸する費用を負担することにもなりかねないので注意が必要です。
住宅ローンも「ローン条項」に縛られる面も出てきますから、よく説明を受けておくことと、スケジュールをしっかり立てて「住み替え」に対応しなければならないことが良く分かりました。
段取りをしっかり決めておくことが「住み替え」の成功につながることを体験でよくわかりました。